BBGブログ、ブレボーガールズ、ブレイブボード公式サイト

Twitter Facebook Instagram

【ブレイブボード ユーザーモデル BBG】BBG1期生決定!|〜ドキドキのオーディション〜

BBG決定

こんにちは。
Vitamin スタッフのYUKOです。
8月にブレイブボードユーザーの女の子から誕生した
ガールズチーム【BBG1期生】の誕生ストーリー
ドキドキのオーディションから誕生までをご紹介。
メンバーの今後の活動をお楽しみに☆

目次

  • はじめに
  • はじめてのモデルオーディション
  • 一生忘れない胸の鼓動
  • まとめ

【はじめに】
2016 夏休み。全国のブレイブボードガールズこと
“BBG”(ビービージー)決定オーディションが都内某所にて開催された。
わずか9日間という短い募集期間にもかかわらず、全国から100名以上の
ブレボー女子がエントリー。その中から一次選考を通過した
23名の女の子たちが、初のモデルオーディションに挑んだ。

【はじめてのモデルオーディション】
audition
控え室で順番を待つ女の子たちの表情からは不安と緊張が伝わって来る。
いつもは元気いっぱいブレイブボードで遊んでいる女の子たち。
モデルオーディションは初挑戦。

▼オーディション前のビデオインタビュー
|『胸が痛いくらいドキドキする・・・』

カメラを向けても、口を一文字に結んで言葉が出ない子も。

|「暗くなるまで夢中になってブレイブボードの練習をしているんです。」

| 「とっても負けず嫌いで頑張り屋さん。夢をかなえられるよう応援したい。」

お母さんたちのエールの言葉に胸が熱くなる。

名前を呼ばれ、一人ずつオーディション会場へ。
プロカメラマンにカメラを向けられても上手く笑えない。
審査員からの質問に答える声も震えている。
思うように話せず涙が溢れる子も。

【一生忘れない胸の鼓動】
audition2

オーディション会場は、彼女たちのドキドキと高鳴る胸の鼓動が響いているような緊張感。

ブレイブボードや得意なダンスを披露しているうちに部屋の空気が変わってくる。
緊張がほぐれ、それぞれの女の子のキャラクターも見えてきた。

「グループでカッコいいポーズを考えてみよう」審査員からのミッション。
「私、このポーズしたい!」リーダーシップを発揮する一人の一言にみんなも続く。
それぞれが思い思いのポーズを提案してグループ撮影。

「得意なことは?」審査員からの質問。
「チアダンスです・・・」小さく答える。
「踊ってみてくれるかな?」審査員から。
「・・・・」一瞬迷った次の瞬間、
「Go for it!」元気に掛け声を出しながら踊り始めた。
曲がないけどどうしよう・・・ 勇気を振り絞って迷いを振り切った表情が大人びて見えた。

会場を後にする頃には、みんなとびきりの笑顔に。
控え室で待っていてくれたパパ、ママに
『楽しかった~~!』『もっとやりたい!!』と口々に話す姿が愛らしい。

初めてのことに挑戦した時の胸の鼓動と勇気が湧き出る感覚を彼女たちは一生忘れないだろう。

【まとめ】
bbgmember
こうして9名のBBGメンバーが誕生。
これから彼女達は仲間と共にミッションに
挑戦しながら、全国のブレボー女子に
ドキドキと感動をお伝えしていきます。BBGの活動に乞うご期待!!

 

ブレイブボード×おしゃれ
お気に入りのコーディネートで写真を撮って応募しよう☆

The following two tabs change content below.
YUKO
ビタミンiファクトリー 営業企画

ブレイブボード、へんしんバイクの営業、ウェブサイト、BBGの企画を担当。
中学1年生の女の子、小学3年生の男の子のママです。
長野県出身。マリンスポーツやアウトドア、自然大好きです。
スポーツクラブでインストラクター、企画運営を経て、出産を機にオリジナルのベビー&キッズヨガプログラムのお教室を10年主宰。(著書に『Happy! ベビーヨガ』(主婦の友社))
その後ビタミンiファクトリーへ。

へんしんバイク、ブレイブボードを通して、親子で楽しみながら子どもの成長を見守り、喜ぶこと。
カラダを動かすことの楽しさが多くの家族に伝わることを願っています。
週末はイベントで見かけたら声をかけてくださいね☆
PAGE TOP
LINE it!