NEWS

ニュース
2023.11.26
  • PRESS

新発売 へんしんバイクC14with ペダルくん しっかり自転車デビューをかんたんに

ハンドメイドバイクとして世界的に有名なCHERUBIM社と、共同開発したへんしんバイクNEWモデルを12月1日に発売します。ペダル後付けキックバイクとして10年連続売上No.1 へんしんバイクの第2世代モデルです。

外遊び好きなお子さまも、インドアなお子さまも、しっかり自転車デビューできる

 近年お子さまの好みの多様化が進み、同じ3歳でも、体力のある子、外遊びの好きな子、疲れやすい子、インドアな子と様々です。実際にキックバイクや自転車に興味を持ち始める年齢や体力、集中力に大きな差が生まれてきています。
 さらに共働き世帯の増加により、お子さまとゆっくり過ごす時間が減り、自転車選びや自転車練習にかける時間にもタイパが求められるようになってきました。

 2011年から「30分で乗れる自転車教室」を開催しているビタミンiファクトリーでは、こうした変化を踏まえ、元気な子、外遊び好きなお子さまでも、疲れやすい子、インドアな子でも、しっかり自転車デビューでき、体力・集中力作りにも役立つペダル後付け自転車を開発しました。

お子さまの成長に合わせて、3つの形に変身

へんしんバイクは、お子さまの成長に合わせて、3つの形に変身するのが特長。バランスを身に付けられるキックバイク。ペダル練習をするペダルくん。自転車デビューや公道でのサイクリングまでできるスポーツバイク。外遊び好きな元気な子は、早い段階でペダルを取付け、自転車デビュー!慎重派でインドアのお子さまに3歳で買った場合、ゆっくりじっくり2年かけて5歳で自転車デビューすることもできます。

キックバイク
ペダル練習に便利なペダルくん
スポーツバイク

共働き世代に合わせて、タイパ高い自転車デビュー

キックバイクを買ったものの、お子さまが興味を持たず、大きくなって乗らなかった…。
もう4歳だし、そろそろ自転車に乗り換えたいけど、いつ頃買い替えたら良いかわからない…。
仕事が忙しくて、自転車屋に行く時間が取れない…。

へんしんバイクなら、その心配は必要ありません。好きな時にペダルを取付け、自転車にステップアップできます。
付属の工具で、ご自宅で簡単にへんしんできるので、お子さまが「やっぱり外して~」となっても安心です。

第2世代ペダルシステムは取付&取外し簡単

キックバイクからの乗換えに、ペダル後付けバイクが効果的な理由

キックバイクがこれだけ普及したにも関わらず、補助輪付自転車を見かけることが増えています。その多くは、キックバイクを買ったものの、自転車に乗換えがうまくいかず補助輪を付けているようです。

玩具として作られたキックバイクと、長く乗ることを目的に作られた自転車では、目的が異なります。結果的にキックバイクと乗り換えた自転車の重さの差が10kg以上あったり、12インチと16(18)インチとタイヤのサイズが10~15cmも違うので、曲がる時に使う筋肉も神経も異なります。体重わずか15kg、身長100cmの4歳児にとっては、大きな大きな差で、バランス感覚を1から身に付けるようなものです。

対して、キックバイクから一回り大きなキックバイクに乗るのは、難しいことはありません。早い子で10分程度で自由に乗り回せるようになります。足が着く間にブレーキを身に付け、そのままペダルを付ければ、あっという間に自転車デビューできます!

自転車デビューの王道、1バランス、2ブレーキ、3ペダルがかんたんにできる

2012年から累計1000回以上開催している「30分で乗れる自転車教室」では、なぜ、次々と自転車デビューできるのか。一つは、自転車デビューがしやすいへんしんバイクを使っていること。もう一つは、階段を一つずつ登るように自転車練習を分解し、子どもたちが遊びながら身に付けていくプラグラムの相乗効果です。

 例えば、ブレーキを足が届かない自転車で身に付けることを想像してください。倒れないように心配しながら、前を見て止まるのは、大人でも怖いのがわかります。

 それに対して、足が届き乗り慣れたバイクで、前だけを見ながらブレーキで止まる。

3歳のお子さまでも十分にできることは、累計10万人を超える30分で乗れる自転車教室に参加した子ども達が証明しています。

だるまさんが転んだ方式で、親子でブレーキを身に付けるレッスンは、3歳以上でできなかった子はいません。

難しい、うまくいかない時は、順番や常識を疑ってみましょう。

3歳~5歳でもっとも乗りやすい14インチタイヤを採用。背伸びせず始められる

自転車が移動手段の場合、タイヤが大きい方が効率的です。しかし、幼少期の自転車の役割は、公園で遊びながらバランス感覚や体力を身に付けること。姿勢と運動の基礎となる体幹を鍛えるには、オリンピック競技でもあるBMXや電動子乗せ自転車が小径タイヤを使っていることでもわかります。

3歳児94cm、4歳児100cm、5歳児106cmの平均身長から考えると、2~3年と長く使える適性なタイヤサイズは14インチ。プレゼントを開けた時の喜びは、大人も子どもも変わりません。乗り始めに背伸びせず、自由に扱えるサイズの自転車をプレゼントすることは、親(もしくは祖父母)の大切な役割です。

長く着てもらいたいと、大きな服を選ぶように大きな自転車をプレゼントすることは、子どもの自転車、ひいては運動や乗り物嫌いのトラウマを作りかねないので、気を付けましょう。

世界一美しい自転車「ハミングバード」を生んだ今野真一氏率いるCHERUBIM(ケルビム)と共同開発

繊細な曲線美、独創的なフォルム、美しさだけでなく、性能を追求する競輪選手に愛用者が多いCHERUBIM。そのマスタービルダー今野真一氏は、ハンドメイドバイクの世界で、その名を世界に轟かせている。スピード、乗りやすさ、美しさ、etc、自転車の楽しみ方は十人十色。200年前から自転車のスタンダードとなったダイヤモンドフレームでさえ、今野氏の手にかかると和のテイストを持った美しいバイクに生まれ変わる。

その今野氏が、子どものファーストバイクを手掛けるのは、今回が初めて。3歳から6歳という感受性の土台を育む時期に、2~3年の長期に渡り、使い続けるものは、自転車以外には少ないでしょう。

良い楽器は人を育てるといいます。見るもの、触れるもの全てが新鮮な3歳から6歳。お子さまがへんしんバイクと共に成長し、楽しみながら乗ることで育まれるのは、運動能力と体力、安全性の土台となる危機回避能力だけではありません。
世界の一流を味わうように、2,3年乗ってもらうことで、お子さまの将来にきっと違いが生まれることでしょう。

世界一美しい自転車といわれる「Hummingbird(ハミングバード)」

自転車デビューの先、サイクリングまで

へんしんバイクC14 公式
CHERUBIM 公式

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE